【キーワード回の索引】(シーズンK)

シーズンKでは、PVに関連するキーワード・トピックについて、


言葉とファクトのある数値で解説します。





専門用語の定義や中身を正しく理解しているというのは、

仕事や研究で人と議論するときの土台になりますので、大変重要です。

さらに、用語の理解に加えて、キーワードについてファクトのある数値で説明できると、

深く考えることができるので、よりよい仕事・研究に繋がると思います。

何かキーワードを調べたいとなったときには索引として、

シーズンKの再生リスト、あるいは以下のリストをみてみてください。

*YouTubeで公開日を過ぎていないものは見れません。



索引(公開日順 2020/7/14~9/11)

【シーズンK予告編】キーワード回の目的・活用法

ふ【普及の仕組み】

え【FiT】

る【累積導入量と普及率(PVペネトレーション)2018】

き【基準状態・STC】

わ【ワットWとワットアワーWh】

は【発電量:国別kWh/kW】

せ【設備利用率】

は【発明の歴史】

に【日本でのPVの初期】

せ【セル~システムまで:簡易版】

せ【生産量ランキング:国・企業】

す【スポット価格@2020.3】

よ【用途展開】

お【重さ:PVモジュールの重量】

げ【限界費用】

す【スケーラブルな電源】

さ【最終エネルギー消費とPV】

で【電力化率・日本と世界】

え【エネルギー消費・4部門の内訳】

け【建築物(業務他部門と家庭部門)のエネルギー消費推移】

ぜ【ZEBの定義とZEBへの期待】

び【BIPVとは。BAPVとの違い】

ど【導入量内訳・日本2018】

び【BIPVの特徴】

ひょ【標準化と規格】

じ【JISマーク表示制度・認証】

こ【国際標準化】

に【認証:JETPVm認証】

し【試験規格:性能】

し【試験規格:安全】

び【BIPVの設計】

び【BIPVの規格】

ぐ【グレアと防眩モジュール】

ほ【ホットスポット・部分影】

び【BIPV(壁面)への部分影の影響】

ば【バイパスダイオードの役割】

は【発電パターンと平準化(ピークカット)】

め【メンテ項目:特にBIPV。建物の耐用年数】

び【BIPVのメンテを考慮した設計】

し【室内設置PVの可能性】

お【大型PVモジュール(BIPV)と大型化の課題】

い【色の建築的美的価値と性能】

し【シースルーPV・結晶Si系と薄膜系】

か【カラフルPVの技術】

び【BIPVに求められる発電コスト】

は【発電コスト:世界と日本】

は【発電コスト:BIPVと標準的なPVの違い】

び【BIPVの市場予測と導入ポテンシャル】

け【建築物省エネ法】

び【BEI:Building Energy Index】

ぜ【ZEBの段階とBEIの対応】

び【BIPV導入量の欧州と日本の比較】

び【BIPV適用の流れ:欧州】

お【欧州指令】

い【EUにおける建築物のエネルギー消費:欧州指令の背景】

け【建築物のエネルギー性能に関する欧州指令:EPBD】

い【EPBDにおけるNearlyZEBの定義】

え【建築物のエネ性能基準の比較:日本とEU】

え【nZEBsの基準例:フランス】



索引(50音順)

【シーズンK予告編】キーワード回の目的・活用法

い【EPBDにおけるNearlyZEBの定義】

い【EUにおける建築物のエネルギー消費:欧州指令の背景】

い【色の建築的美的価値と性能】

え【FiT】

え【nZEBsの基準例:フランス】

え【エネルギー消費・4部門の内訳】

え【建築物のエネ性能基準の比較:日本とEU】

お【欧州指令】

お【大型PVモジュール(BIPV)と大型化の課題】

お【重さ:PVモジュールの重量】

か【カラフルPVの技術】

き【基準状態・STC】

ぐ【グレアと防眩モジュール】

け【建築物省エネ法】

け【建築物のエネルギー性能に関する欧州指令:EPBD】

け【建築物(業務他部門と家庭部門)のエネルギー消費推移】

げ【限界費用】

こ【国際標準化】

さ【最終エネルギー消費とPV】

じ【JISマーク表示制度・認証】

し【シースルーPV・結晶Si系と薄膜系】

し【室内設置PVの可能性】

し【試験規格:安全】

し【試験規格:性能】

す【スケーラブルな電源】

す【スポット価格@2020.3】

ぜ【ZEBの段階とBEIの対応】

ぜ【ZEBの定義とZEBへの期待】

せ【セル~システムまで:簡易版】

せ【生産量ランキング:国・企業】

せ【設備利用率】

で【電力化率・日本と世界】

ど【導入量内訳・日本2018】

に【認証:JETPVm認証】

に【日本でのPVの初期】

ば【バイパスダイオードの役割】

は【発電コスト:BIPVと標準的なPVの違い】

は【発電コスト:世界と日本】

は【発電パターンと平準化(ピークカット)】

は【発明の歴史】

は【発電量:国別kWh/kW】

び【BEI:Building Energy Index】

び【BIPV(壁面)への部分影の影響】

び【BIPV適用の流れ:欧州】

び【BIPV導入量の欧州と日本の比較】

び【BIPVとは。BAPVとの違い】

び【BIPVに求められる発電コスト】

び【BIPVの市場予測と導入ポテンシャル】

び【BIPVのメンテを考慮した設計】

び【BIPVの規格】

び【BIPVの設計】

び【BIPVの特徴】

ひょ【標準化と規格】

ふ【普及の仕組み】

ほ【ホットスポット・部分影】

め【メンテ項目:特にBIPV。建物の耐用年数】

よ【用途展開】

る【累積導入量と普及率(PVペネトレーション)2018】

わ【ワットWとワットアワーWh】



峯元のプロフィール

■研究者情報(research map)

■論文リスト(Google Scholar)

■太陽光発電研究室(立命館大学)

 ↗新型太陽電池の開発、太陽電池の屋外評価などに関する協働はこちら

■APEX/JJAP編集委員(IOP Publishing, 応用物理学会)

■47th IEEE Photovoltaic Specialist Conference Area 2 International Co-Chair

■スカラーズ株式会社(R&Dコンサルティング)

 ↗学者集団によるコンサルティング、受託研究、R&D支援はこちら


#太陽光発電

#太陽電池

8回の閲覧0件のコメント

© 2019 スカラーズ株式会社